アロテナスキンケアシリーズ 内容成分

配合成分(素地成分以外)

クロノン
株式会社サクラスが開発した次世代の炭、簡単にいうと、活性炭等の従来の炭にミネラル成分を加えたものです。従来の炭の数十倍の吸着分解効果を持ちます。
バージンオリーブオイル
オリーブバージンオイルは植物の中で最も酸化しにくいオイルのため、品質が安定しています。さらに、熱を加えたり、何かを混ぜたりせず、搾ったままの天然100%のオイルのことを「バージンオリーブオイル」といいますが、オリーブ本来の自然な香り、爽やかな風味、栄養源が損なわれることなく、そのまま生きています。そのため、ポリフェノール、ビタミンE、A(カロチン)、スクワレン、クロロフィル、ミネラル、オレイン酸など、美肌つくりに欠かせない成分がたっぷり含まれています。
楊貴妃エキス
楊貴妃が就寝前に一日も欠かさず愛飲したと言われる、「楊貴美酒」
「楊貴美酒」には12種類の生薬が処方されていたことが判っています。
楊貴妃エキスにはこれらの成分が含まれています。
トウキ根・シャクヤク根・牡丹・ブクリョウ・紅花・クチナシ・ナツメ果実・ローヤルゼリー
サクラ葉エキス
桜の葉から抽出したエキスで、抗アレルギー作用、肌荒れ防止作用、炎症を抑える効果があります。
また、メラニン生成の抑制作用があり美白成分として認可されている注目の成分です。乾燥や紫外線などのストレスから肌を守る働きがあります。
グリチルリチン酸2K(甘草抽出成分)
マメ科植物「甘草(カンゾウ)」の根、茎から抽出し、精製したものです。
水溶性の粉末です。消炎効果があるため、肌荒れの予防、ニキビの予防、悪化を防ぐことを狙って、化粧品に配合される場合が多いものです。
アルニカエキス
キク科のアルニカの花や根から抽出されるエキスです。 カロチノイド・フラボン・タンニン・サポニン等の フラボノイドを含み、抗炎症や血行促進などの作用を 持っています。
オトギリソウエキス
日焼け予防や収れん、消炎、止血防止、肌荒れ防止作用があり、化粧水からクリームまで広く使用されます。西洋でも古くから薬草として使用されています。
セイヨウキズタエキス
洗浄作用、抗炎症作用、痩身作用があります。
アロエベラエキス
ユリ科植物、アロエベラの葉肉から抽出したエキス。
アロイン・アロエエモジン・アロエチン・多糖類・タンニン・ステロイド・有機酸・アミノ酸・グルクロン酸などを含み、保湿効果や抗炎症作用、美白効果(紫外線吸収作用やチロシナーゼ活性阻害作用)、収斂作用があるといわれます。保湿性、保護性に優れ、消炎効果もあるといわれるので肌荒れを防ぐ化粧品に広く使用されています。
クロレラエキス
βカロチンやミネラルなどの栄養素を豊富に含み、保湿作用や皮膚細胞を活性化させる働きがあります。
チャバエキス
抗酸化作用あり。紫外線から肌を保護し、紫外線によってダメージを受けた後の回復を助ける効果があります。
ブドウ葉エキス
保湿効果と抗酸化効果があります。
ポリフェノール
カッコンエキス
クズ(マメ科の多年草)の根から得られるエキスで、チロシナーゼ抑制による美白効果があります。また保湿成分としても用いられます。
マロニエエキス
マロニエ(セイヨウトチノキ)の果実、又は葉から、水・アルコールなどで抽出したエキスです。
マロニエはバルカン半島原産のトチノキで、日本でも街路樹として知られています。
マロニエエキスには、サポニン、フラボノイド配糖体、アントシアニンなどの抗酸化成分や殺菌成分を含み、収斂作用があります。
ハマメリスエキス
ハマメリスの葉、樹脂から抽出したエキスで、収れん作用、創傷治癒作用があり、さらにはフリーラジカルを抑制し、老化防止効果も期待できる成分です。古くから化粧品に利用されており、トコフェロールと併用すると相乗効果があります。
アセチルヒアルロン酸Na
加水分解ヒアルロン酸
ヒアルロン酸Na
アルギン酸Na
すべて、保湿成分です。

アロテナスキンケアシリーズ

アロテナリッチソープ

アロテナクレンジング

アロテナピーリングジェル

アロテナローション

アロテナモイストジェル

アロテナ各種セット

アロテナメンバー

アロテナメンバー

株式会社サクラスでは、只今、特典満載のアロテナメンバー募集中です。



アロテナBlog

アロテナBLOG

アロテナお悩み相談

お悩み相談

アロテナコミュニティー

アロテナコミュニティー